ここから本文です

城取り (1965)

監督
舛田利雄
  • みたいムービー 1
  • みたログ 20

2.78 / 評価:9件

「その城、獲ってやろうではないか」

原作は司馬遼太郎、制作石原プロ昭40年作品
 盟友に千秋実、宿屋のおやじに藤原釜足、それに殺陣を東宝七曜会に依頼、とくればこりゃ黒澤映画って感じの時代劇映画。味方の大軍勢に見せかけるための奇策、多彩なキャラクターが徐々に集まってくる展開、この映画がかなり「七人の侍」を意識しているのがよく分かる。一番の見どころは、偉大な青春スタアの石原裕次郎とチャンバラの神様である近衛十四郎の対決万事、黒澤時代劇っぽい中で、城を奪う為に若い男衆に対して中村玉緒が「私たち若者が立ち上がらなければ駄目よ!」という台詞で口説くところが、集団よりも個人のアイデンティティを重視する日活的だと思った。
意外と面白かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ