レビュー一覧に戻る
暴れ犬

mal********

3.0

「犬」シリーズ第4作目です。

1965年に公開された田宮二郎主演の「犬」シリーズ第4作目です。 こういったシリーズ物って主人公の設定は変わらないままでも、他の登場人物達はその作品だけのキャラクター設定ということが多いのですが、本シリーズは主人公の鴨井大介と1作目からのつながりがある設定にしてるので、シリーズを観るごとに鴨井大介のキャラクターも深まっていくのが面白いです。 ただ、本シリーズはあくまでも最後は悪い奴らを鴨井大介がぶっ潰すというパターンなんですが、田宮二郎の軽快な動きと関西弁が面白くて、ストーリーは最初からわかっていても楽しめます。 そして、ヒロインとの切ない別れもこのシリーズのパターン。鴨井の性格が明るいだけにより切なさを感じさせますが?鴨井はん、しゃあないって。あんたにはもっとええ出逢いがまってますがな。気い落とさんとがんばりなはれ?と声をかけて励ましたくなります。 上映時間も短く、おまけに気軽に楽しめる「犬」シリーズ。なかなかのもんでっせ!

閲覧数693