ここから本文です

孤独の賭け (1965)

監督
村山新治
  • みたいムービー 2
  • みたログ 5

3.00 / 評価:2件

マネーゲームの勝者は…

  • bakeneko さん
  • 2015年9月7日 16時20分
  • 閲覧数 552
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

日華事変&太平洋戦争を舞台にした大河ドラマ:『人間の條件』の作者として有名な五味川純平のもうひとつの代表作で、高度成長に依る株式売買に狂奔する1960年代初頭の東京で、家族を破産させた貧乏&親族への復讐に燃えて蓄財に打ち込むヒロインと、貧困層から成り上がって起業家として辣腕を振るう青年との愛憎を中心にして、様々な階層の人物の欲望と思惑が絡み合って繰り広げられる大河ドラマの力作であります。

原作が長編であるために、本作は映画版の他に2回TVドラマシリーズ化されていますが、全て青年実業家の役は天地茂が演じています(他の役者が考えられないほどの彼の雰囲気を生かした当たり役であります)。
親族に財産を乗っ取られた貧しい境遇から上京して、銀座でお針子をしていたヒロイン:佐久間良子が、偶然出会った実業家青年:天地茂と惹かれ合いながら蓄財&事業の腕を発揮して上昇して行く様子を、高度成長期の世相の中に活写した大河ドラマで、それぞれの生い立ちや友人&ライバルとの遣り取りも複雑に絡み合ってきます。

女一人で生きていく覚悟に燃える素直になれない気丈なヒロインと、豪腕だがナイーブな青年の恋のスクランブルを、激動する経済界と日本の開発ブームの世相の中に活写して、「風と共に去りぬ」のスカーレット&レット・バトラーを連想させる大河恋愛劇で、出会った時点から両者の運気が逆転する点では「スター誕生」や「黄昏」も想起させるドラマとなっています。

佐久間良子&天知茂を軸にして、小林千登勢、菅原謙二、木暮実千代、野中マリ、内田朝雄、上田吉二郎、岩崎加根子、梅宮辰夫、宮園純子らが入り乱れる群像劇で、中でもデビューしたての大原麗子の存在感には驚かされますよ!

ねたばれ?
1、1963年のNETテレビ版では小川真由美が、1978年の東京12チャンネル版では五十嵐めぐみがヒロインを演じています(映画版で大原麗子が演じた従妹は、野川由美子と浅野温子が演じています)。
2、そんなに刺激的なファッションモードとも思えないけどなあ~。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ