赤ひげ

185
赤ひげ
4.5

/ 572

62%
27%
8%
2%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(147件)

泣ける15.3%切ない13.2%かっこいい12.1%勇敢9.6%悲しい9.2%

  • 宥吾

    4.0

    心を優しくさせてくれる

    いじけた保本は赤ひげの優しさを受け、いじけたおとよは保本(と赤ひげ)の優しさを受け、盗みをする長次はおとよの優しさを受ける。自分が受けた優しさを今度は他人に与える。 世の中全てこうだったらいいのにね。

  • fiv********

    5.0

    黒澤の凄さを体感して欲しい!

    やっぱり黒澤は凄い。 個人的には黒澤映画三本目がこの作品。 「羅生門」「隠し砦の三悪人」に続いての鑑賞。 どれも想定を上回る素晴らしい作品。 ただこの作品は三時間を越える。 さすがに古い映画で長時間耐えられる少々不安を抱きながら観てみた。 しかし、そんな危惧も一瞬に消え去った。 モノクロ以外は一切古さを感じない。 それどころか、この作品は今作ってもモノクロで撮影されていただろう。 それだけモノクロ映像を上手く演出に生かしている作品は海外作品と見比べても類を見ない。 世界の巨匠たちが黒澤をリスペクトする意味が良くわかる作品に仕上がっている。 主演は、世界の三船と加山雄三さん。 三船さんは、黒澤映画に欠かせないがイメージとして赤ひげの役が一番印象深い。 ただ、もっと印象に残ったのは山崎努さんと子役の長次に扮する頭師佳孝さん。 若かれし頃の山崎努さんは、病気で壮絶な最後を遂げる役で圧巻であった。 頭師佳孝さんは、その後青春ドラマなどで活躍した名バイプレーヤー。 とにかく、まだ観ていない人には黒澤の凄さを体感して欲しい。

  • koh********

    5.0

    実に爽快だった(^^;)

    実に爽快だった(^^;) 午前10時の映画祭 にて、 2021/9/25 ユナイテッドシネマアシコタウン足利 で鑑賞。

  • aoq********

    4.0

    映画の黄金期

    役者の演技も素晴らしいだけではなく、セットの緻密さに感服です。さすがは妥協を辞さない黒沢監督!今の時代では、予算縛りで思うように納得できる映画作りは難しいでしょう。良き時代の映画鑑賞ができ満足でした。

  • mlo********

    5.0

    映画文化の黄金期を体験せよ。

    「娯楽時代超大作」という映画ジャンルが確かにあったことを証明する、映画の一つです。 未来永劫、我々は、この映画を見続けるでしょう。そして、映画という素晴らしい文化を持ったことに感謝するでしょう。 映画が確かに日本の文化であったこの時代(私見では、戦後から昭和40年台まで)の映画がある限り、私たちは、映画を見る楽しみが持てるのです。 幸い、ユーチューブという新しい発信メディアがあります。 当分の間、楽しい時間が過ごせそうです。 もちろん、映画館の大画面のほうが良いですが.....。 若い人たちに一言.... 凡百の、つまらぬ、映画とも言えぬような昨今のビデオ映画を見るのは時間・お金のむだですよ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


三船敏郎新出去定
加山雄三保本登
山崎努佐八(車大工)
団令子お杉(女中)
桑野みゆき佐八の女房おなか
江原達怡津川玄三
根岸明美おくに(六助の娘)
土屋嘉男森半太夫
東野英治郎五平次(大家)
志村喬和泉屋徳兵衛
笠智衆登の父
杉村春子娼家の女主人
田中絹代登の母
柳永二郎利兵衛(狂女の父)
西村晃家老
千葉信男松平壱岐
藤原釜足おくにの父六助(蒔絵師)
三津田健まさえの父天野源伯
藤山陽子ちぐさ(まさえの姉)
内藤洋子まさえ
七尾伶子おとく
辻伊万里おかち
野村昭子おふく
菅井きん長次の母
荒木道子娼家の女主人
左卜全入所患者
渡辺篤入所患者
小川安三小者竹造
佐田豊むじな長屋の住人
沢村いき雄むじな長屋の住人
本間文子[女優]むじな長屋の住人
出雲八重子むじな長屋の住人
中村美代子五平次妻おこと
風見章子まさえの母
大久保正信長次の父
大木正司地廻り
広瀬正一地廻り
山口博義地廻り
古諸州地廻り

受賞歴

ヴェネチア国際映画祭第26回

男優賞国際カトリック映画事務局賞

基本情報


タイトル
赤ひげ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル