ここから本文です

赤ひげ (1965)

監督
黒澤明
  • みたいムービー 178
  • みたログ 1,178

4.45 / 評価:524件

演技の鬼達の競演

  • jun******** さん
  • 2020年11月27日 22時22分
  • 閲覧数 359
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

本当に今更のレビューですが。

以前TVドラマでこの作品のリメイクがありました。
江口洋介が主演。

中々悪くないな・・・
(椿三十郎と違って)
と思ったりしましたが
やはりオリジナルは別格です。

比べた私が間違ってました。


黒澤明が物凄いのは
言わずもがなですが
演者一人一人の
・・・・もうあれでしょうね
命懸けの演技なんでしょうね。

凄まじい演技の数々を
目の当たりに出来ます。

根岸明美さん。

あの長台詞。
ワンテイクで撮ったそうです
(「どん底」では私
彼女に惚れてしまい
切なくなってしまいました)。

そして藤原釜足さん。

本当に黒澤「組」の
俳優陣というのは
多彩というか多様というか
映画が変われば全く別の顔を観せてくれる。

六助の今際の際の演技。
本当に短いシーン。
セリフすら無い。

なのにあの迫力。

美しささえ感じます。

保本(加山雄三)が
「ほんの一瞬」新出去定の「境地」を
垣間見るのも
頷ける名演。

せり上がって来る音楽とも相まって
鳥肌が立ちます。


観覧するのに
体力
持久力が必要な名作です。

それ故
難が在るとすれば
遊びが一切無い。

肩の力が一切抜けない
という所でしょうか。

正座して観たい位です
(私は無理ですが)。



あともう一つ。

創作を
主にビジュアルを伴う創作を
志す方(映画アニメ等)
本作は時代考証の参考に
必須です。

特にシジミ売りの「美しい」売り声。

他の作品では見られない
拘りですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ