ここから本文です

冷飯とおさんとちゃん (1965)

監督
田坂具隆
  • みたいムービー 1
  • みたログ 13

5.00 / 評価:5件

さびしいときの懐石御膳

  • wac***** さん
  • 2007年1月3日 23時37分
  • 閲覧数 612
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

山本周五郎先生の短編オムニバス(三話構成)です。
すべて中村錦之助が(侍-職人-職人)主役を演じています。
それぞれに人間の情を描いた作品です。
一話目は部屋住みの武士の恋愛を中心としたもの、
二話目は情念に囚われた女房から一旦は逃れながらも悼む職人
三話目は貧困にあえぐ職人と家族の愛情譚です。
このなかで自分がもっとも好きなのは、一話目の冷飯(冷飯侍)
です。

少々子供っぽいというか、学問馬鹿というか、憎めない若侍を
中村錦之助が演じていますが、これが実にかわいらしいと言うか、
ついつい応援したくなるような母親に対する甘えっ子ぶりです。

武家に生まれましたが、上に兄が多く、仕官もままならないのですが、
(当然自家に嫁を貰い家督相続はできない)
当人は婿入りとかいう気持ちは無く、ただただ古書を集め、読んで
分類することのマニアで部屋住みのまま生涯を送ろうとあきらめ
気味です。そんな彼が恋に落ちるが、彼女は…

という話ですが、中村錦之助(さん)はその心が繊細でもろく、傷つき
やすいという人物を演じるとすごいなあと思います。
欲得よりも、「どうせ俺なんて…」とまず自分が引いてしまう、
みたいな感じは何とも言えずいいです。
自分は江戸情緒趣味とか無いのですが、はまりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ