霧の旗

111
霧の旗
3.8

/ 57

26%
40%
25%
2%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(23件)


  • カリブソング

    3.0

    弁護士さんかわいそう

    桐子という女の執念が焦点と思うが、兄を無実の罪で亡くした彼女側から観ると「やり遂げた」物語なのかもしれない。

  • bel********

    5.0

    倍賞千恵子は素晴らしい

    原作は松本清張・脚本は橋本忍・監督は山田洋次。 なんという魅力的な製作陣なのだろう。 山田洋次は若い頃から撮るのが上手い。 今作の魅力はなんといっても主演の倍賞さん。 声を荒げて訴えるシーンでは、彼女に心の奥底に 冷静さを感じてしまう。 無表情に見える演技でも、感情が豊かに伝わる。 演技に奥深さと厚みを感じるのだ。 脇を固める俳優陣とも相性は良かった。 特に弁護士役の滝沢修さんとは息が合ってる。 互いの良さを引き出していた。 復讐というには身勝手なもので、 観賞後にスッキリするわけでもなく。 真犯人に向けられるべき怒りが 違うとこに行ってしまった恐ろしさ。

  • hor********

    4.0

    きれいな人だなー

    松本清張原作とは知らなかった。 昔の国鉄の様子や、昔の東京の景色、例えば東京駅や皇居前の通りなど、そんな昔のことは知らないはずなのに懐かしく感じる。 松本清張原作、橋本忍脚本にてさすがによく練られたストーリーだと思う。 役者の演技も申し分ない。 あえて難を言えば、兄の冤罪事件そのものはどうしようもないのだろうということが、見ていて早めにわかってしまう。はじめからずっと晴れやかに解決する方向に展開せず、ストーリーがあまりにもゆっくり、愚鈍に進むからだ。 わかるからもうそろそろ切り上げてくれ、次の展開に行ってくれと思っても、同じところを足踏みしてじらす。そこは苦痛。 後半はまずまず。 まとめ:うーむ若くてきれい。

  • こばゆうさん

    4.0

    冤罪事件は恐ろしい

    倍賞千恵子のお兄さんについてですが、 袴田事件 やらで冤罪事件についてとやかく言われている昨今でありますが、 昔は自白の強要での極刑が随分あったのかと思うとゾッとします。 今でも、明日は自分が巻き込まれるかと思うとさらにゾッとします。 ところで、最終的な真犯人はこれからのうのうと生きるんですね。 なんか理不尽ですね。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ上熊本はJR九州と熊本電鉄が乗り継げる駅

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

     怖いね。恨みって。  松本清張らしく主人公に同情できる仕立てだが  これは怖い。そこまでやるかの世界でしたね。巻き込まれる愛人が気の毒。  都合よく交わる人物たちであるが  物語としては実に面白い。    原作は読んでないがよい脚本だと思う  ただ第二の殺人が唐突すぎて理由がよくわからないが  復讐を強調するとすればいいんじゃないか  推理物ではないしね。  倍賞さんの可愛らしさのなかの奥に秘めた怒りがよかった。  理不尽な復讐なのだが  主人公の復讐を応援し成就したときの達成感を味わえました。  松本文学はしみるよね。  ラストの復讐はなせどもむなしさは残るは考えさせられます。

  • kih********

    5.0

    すっごく怖いお話

    怖い話だ。人に恨まれるとこういうことにもなりかねない。恨まれていることにも気がつかないまま仕返しを受ける。それを逆恨みと説明するのは簡単だが、恨みを溶かすことは容易ではない。相当の愛情や誠意をもってしても、ましてや合理的な判断力に訴えても、これだけ冷たく凍ってしまった恨みを消すことは事実上無理なことだ。 この桐子の場合が特殊だということでもなかろう。女だからということでもなかろう。誰もが何らかの形でこういう冷たい深層を秘めているのではないか。その証拠に、この映画ではつい桐子の敵討ちの完成を期待しながら見ている自分に気づく 別段悪徳ともいえない弁護士が標的になるのも理不尽なはなし。実際には誰に限らず敵討ちに遭う可能性がある。その証拠に、この映画を見終ったあとに、この弁護士に同情する自分に気づく。 愛や真のエネルギーと憎しみと恨みのエネルギーでは、どうも怨恨の方が直接的で大きいように見える。愛の成就はニュースにはならないが、仇討ちの成就はニュースになる。怖い話だ。 ところで、完全にやられた径子と大塚はこのあとどう振る舞うのだろう。恨み・憎しみが生じないはずがない。桐子はこのあとどういう人生を生きていくのだろうか。恨まれることに気づかないはずがない。「続・霧の旗」が出来るだろうか。これもまた、すっごく怖い映画になることだろう。

  • agu********

    4.0

    苦しみの倍返し。

    自分が受けた辱めとか苦しみとかを その人に何倍にもして返すなんてことを聞いたことがありますが、 この映画はそんな1年越しの恨みを返す女の話である。 倍賞千恵子がはまり役でなかなかよい。 淡々としているのだが、その中には深い復讐の 炎が燃え滾っているのが分かる。 でも正直弁護士の立場からすると、こんな ことで自分の地位・名声が失脚するのはとても 理不尽なような気もする。 弁護士だって弁護する権利・しない権利があるはずだ。 弁護しなかったことで例え誰かが死のうとそれは 関係ないと思うのだが・・・・。 要はどこで折り合いをつけるかということだ。 医療とかもそうだが、近年は被害者(サービスを受ける側)の立場ばかりが 強調されるために、そうした職業で働く方々はとても 理不尽な目にあっていると聞く。 以前はある程度被害者側も「しょうがない」という気持ちが あったはずだが、どこかで我慢するリミッターが外れてしまったらしい。 そして至る所でクレーマーが出現し、悪循環が生じる。 今の日本はそんな周りの目を過剰に意識しながら働かなければならない 非常に暮らしづらい世界になってしまった気がする。 一人ひとりが意識して日々生きていればこんな憎しみの悪循環は 生まれないのだと思うが・・・・。 それは人間を買いかぶりすぎなのであろうか。

  • 高坂凪穂(たかさか・なぎほ)

    4.0

    ネタバレ松本清張×山田洋次

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • meg********

    5.0

    倍賞 千恵子が良いですよ!!

    山田 洋二監督作品ですが、倍賞 千恵子と思い出すと寅さんの妹役さくらや喜劇 物などでイメージが強いのですが、この作品演じている倍賞 千恵子は全然違う 兄が重い実刑あたえ、一流の弁護士が断られてしまい、弁護士の愛人が殺人現場目撃者 なり 弁護士が助けを求めていても復讐していく倍賞が良かった DVDの表紙に「私の血は赤い血ではない」その通りの復讐していくところ倍賞のいつもの 明るい演技違い 暗く孤独で貧しい兄弟で復讐していく 音楽林光もサスペンス盛り上げているところがいい あのライターがほしい頼んでも渡さず復讐していく物語 ラストの倍賞 千恵子がフェリーでライターを海に投げて横顔が魅力的です

  • ami********

    2.0

    逆恨みの極み

    新珠三千代がかわいそう・・ そして倍賞千恵子が嫌いになる。 そんな映画です。

  • mas********

    5.0

    山田洋二監督作品傑作映画の1本

    この映画の凄いなと思ったのは、柳田桐子(倍賞千恵子)が一流の弁護士大塚鉄三(滝沢修)とことん頼んでも、頼んでも、困らせ、そして突き落とす、要するに、事件の証拠 だったライターを海に捨てる、柳田桐子は単なる犯人に復讐するのではなく、大塚弁護士 を同じ苦しみを味わせる、頼んでも、頼んでも、助けてくれないそしてお金がない そんな柳田桐子の兄を自殺してしまう、柳田桐子心の怒りの凄み感じます。 音楽の作曲家の林光も素晴らしいです。撮影優れています。 正直、山田洋二監督は、こうゆうサスペンス的作品を作ってほしいです。

  • いやよセブン

    3.0

    後味の悪い松本清張ドラマ

    兄の無実を信じる妹(倍賞千恵子)は高名な弁護士(滝沢修)に弁護を依頼するが、多忙と高額な弁護料を理由に断られてしまう。 兄は1審は有罪、2審の途中で獄死する。 妹は東京に出てホステスをはじめるが、ひょんなことから弁護士の愛人と出会う。 そして殺人事件が起きる。 弁護士がそれほど悪い奴とは思えず、妹の復讐の怖さの方が際立つ作品だ。

  • jig********

    3.0

    復讐を極められるのは女性なのかも

    兄の無罪を信じて高名な弁護士に依頼するも、 忙しいと断られる容疑者の妹(倍賞千恵子)。 兄は無罪を勝ち取ることもできずに獄中で死亡。 話のとっかかりとしては 健気な妹さんにつれない弁護士だな~という展開で これといって特に・・と思ってましたが、 その後の展開にはかなりひきつけられました。 早い話、女性って恐いわという展開なのですが、 弁護を引き受けなかったばっかりに あんな目こんな目これはもう 過去に戻ってやり直したいと思ったに違いないです。 大人しそうに見えた彼女ですが 内に秘めた復讐心がくすぶっていたのですね。 それがとあることをきっかけにメラメラと燃え上がる! この冷静にして相手を呪うかのごとくの仕打ちは 観る人によっては後味悪いでしょう。 といいつつ、拍手喝采の人もいないと思われるので やっぱり観た人は後味悪く感じるのかなと思いました。 個人的には彼女の仕打ちはひどいですが、 ある意味彼女の純粋さが現れているのかなと感じました。 彼女を最初に受け入れていれば彼女は黒く染まることもなかった。 言い訳みたいですが、 その時のタイミングで別の道へ行ってしまったと考えると 人には出来るだけ親切に・・と思ってしまいました。 あの時こうしていれば・・ そんな後悔をしょっちゅうしていますが、 その時自分にできる全力をいつも発揮して・・ いけたらいいなぁと思いました。 私が観たのは1965年製作の 倍賞千恵子さん出演作品ですが、 1977年製作作品は山口百恵さんが出演なんですね。 それはそれで気になりますね。ちょっと観てみたい。

  • dam********

    5.0

    ネタバレ「桐子」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • spg********

    3.0

    ネタバレ逆恨みヒロインの覚悟と執念

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aik********

    5.0

    山田洋次監督凄いです

    あの山田洋次監督がこんなサスペンス・タッチの作品を撮られていたとは意外でした。そのうえ、とても良く出来ていて最後まで退屈しないで観れました。巨匠はやはり凄いです。 倍賞千恵子さんもさくらさんとは全然違う役を見事に演じていました。とても良かったです。 たしかに逆恨みの映画なんですよね。でも、人間逆恨みでも恨みを買ってはいけないんだと思ってしまいました。人の恨みって怖いですからね。

  • syu********

    5.0

    スタッフは、当時の本邦映画界の粋

    この映画の倍賞千恵子は、本当に見事です。冒頭と最後は、共に彼女の旅、前者は熊本から東京へ、後者は東京から熊本へ、なのですが、その間の彼女の変化を感じさせて、その表現が素晴らしいのです。最初観た時、ラスト・シーンの彼女に圧倒されたのをよく覚えています。 この映画のスタッフは、当時の本邦映画界の粋とも言える人たちばかりです。そういう意味からも、もっと評価されても良い作品と思っています。脚本橋本忍。 最近の映画に較べると作品全体の雰囲気に統一感があり、観る者を惹きつける「何か」があったように思います。 この作品は、松本清張原作だけあって、考えさせられる要素も、多々含まれます。現代社会において、貧富の差によって、受けられる正義にすら差がある、という現実が、最も心に響くテーマでしょう。ブラックジャックではありませんが、医療の世界でも、金がないばかりに、先端の治療が受けられずに苦しんでいる人は、少なくないのではないでしょうか。

  • sow********

    3.0

    キレはないが、優れた人間ドラマ

    逆恨みが見事に表現された人間ドラマです。 本当に悪い人間が、のさばってしまっている不条理な物語。 しかし、主人公を中心にして見れば、兄を亡くした今では自暴自棄になってしまいこういう選択をしてしまったのも理解は出来る怖い復讐劇でした。 監督の意外な一面が垣間見れた印象深い作品です。

  • jas********

    3.0

    女の人が怖くなる映画☆3.0

    松本清張原作、山田洋次監督作品。 殺人は絡んできますが、推理ものではなく、 完全な人間ドラマです。 冤罪で逮捕された兄の弁護を引き受けてくれなかった 敏腕弁護士に対し、 妹がとった行動とは? 倍賞千恵子がヒロイン役を好演。 地味で真面目、無表情なキャラだけに、 よけい背筋が冷たくなります。 それでも終盤からラストにかけての展開は、 個人的には痛快といえば痛快。 "情けは人の為ならず" と同時に、 女の人の情念の深さがたっぷり伝わってくる作品でした。

1 ページ/2 ページ中