ここから本文です

霧の旗 (1965)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 7
  • みたログ 110

3.80 / 評価:54件

ほし よっつ

 怖いね。恨みって。
 松本清張らしく主人公に同情できる仕立てだが
 これは怖い。そこまでやるかの世界でしたね。巻き込まれる愛人が気の毒。

 都合よく交わる人物たちであるが
 物語としては実に面白い。
 
 原作は読んでないがよい脚本だと思う
 ただ第二の殺人が唐突すぎて理由がよくわからないが
 復讐を強調するとすればいいんじゃないか
 推理物ではないしね。

 倍賞さんの可愛らしさのなかの奥に秘めた怒りがよかった。
 理不尽な復讐なのだが
 主人公の復讐を応援し成就したときの達成感を味わえました。
 松本文学はしみるよね。

 ラストの復讐はなせどもむなしさは残るは考えさせられます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ