ここから本文です

宮本武蔵 巌流島の決斗 (1965)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 5
  • みたログ 104

3.93 / 評価:28件

数ある「宮本武蔵」の中での最高峰

吉川英治原作の「宮本武蔵」を1年に一作づつ、5年に亘って内田吐夢が演出した、実に見ごたえのある超大作時代劇。宮本武蔵全5部作。
彼の演出は骨太でダイナミック。しかし、武蔵の成長過程における悩みや機微を様々な人間模様の中で描き、自身の代表作にしたばかりか、過去の幾度となく映画化された「宮本武蔵」の中での最高峰に位置する武蔵像を作り上げたと言えるでしょう。
中村錦之助にとっても彼の代表作になりました。その突出した演技力で、粗野な武蔵から剣の達観の境地、巌流島での佐々木小次郎との対決までを余すところ無く演じきりました。
武蔵はその人生において、様々な師に出会います。沢庵、日観、石舟斉、本阿弥光悦などの何かを卓越した人物、また、島原遊郭の吉野太夫にも彼女の琵琶の音色のたとえを例に教えられたのでした。
配役も豪華で、宿敵小次郎に高倉健。男っぽい中にニヒルさを漂わせた不思議な小次郎を演じ、現代劇専門の彼がこの作品で脱皮しました。「飢餓海峡」でも刑事役で内田監督に起用されています。
武蔵を慕うお通に入江若葉。彼女は大女優・入江たか子の娘さんですが、女優になる気がなかったのをこのお通役で説得されて映画界入りしたとのこと。確かに演技は上手ではありませんでしたが新鮮さは感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ