ここから本文です

宮本武蔵 巌流島の決斗 (1965)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 5
  • みたログ 104

3.93 / 評価:28件

解説

 吉川英治の同名長編小説を、鈴木尚也と内田吐夢が脚色し、内田が監督した大型時代劇。中村錦之助主演によるシリーズ五部作の第五部で、一乗寺での果たし合いを終えた武蔵が佐々木小次郎と戦うまでが描かれる。  吉岡一門を葬った宮本武蔵は、幼い子供を殺めてしまった罪悪感を抱きながら、再び修行の旅に出ていた。旅の途中で研師の家に立ち寄った武蔵は、そこで再会を約束した佐々木小次郎の刀を目にする。やがて武蔵は将軍家の指南役である北条安房守の屋敷に迎えられ、沢庵和尚と再会。沢庵に指南役になってはどうかと勧められるが、幼い子供を斬ったことが問題となり不採用となってしまう。武蔵は小次郎から果たし状を受け取り、決闘場所である巌流島へ向かうのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ