ここから本文です

明治侠客伝 三代目襲名 (1965)

監督
加藤泰
  • みたいムービー 3
  • みたログ 41

4.25 / 評価:16件

単純明快

  • kin***** さん
  • 2019年11月26日 10時23分
  • 閲覧数 242
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

やっぱり映画は単純で力強いストーリーが良い。
善玉と悪玉の対立、そして悲劇のヒロイン。藤(富司)純子が、親の死に目に会う手助けをする鶴田浩二が、彼女のせいで渡世の親の死に目に会えないという皮肉。
 そしてラスト、耐えに耐えた後の殴り込みで、最大の敵を倒す時、そこに純子は相手のオンナになっていて、立ち会うことになる。この劇的葛藤は実に分かりやすく、人物の感情を謳い上げる。

 見せ場で鶴田浩二の歌が流れる演出は、当時としては粋だったのだろうが、今となってはいかにも時代を感じさせる。
 そして、悪役が一点に集中せず、安部徹と大木実に役割分担されていて、どっちが本当の敵か、ちょっと曖昧になっているのが残念。ここは立場が上の大木実に集中させ、純子も実の愛人になっていて、最後に刺す、そのほうが劇的盛り上がりは大きくなったと思う。でもたぶん、大木実にそこまでの悪役をさせるのは大人の事情で難しかったのでしょう。

 古臭いけど、よく出来た娯楽作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ