レビュー一覧に戻る
明治侠客伝 三代目襲名

yqy********

5.0

新宿昭和館最後の上映作品

である。ただし私の昭和館のお別れは1週前の「仁義なき戦い(第1作)」「やくざ刑事 恐怖の毒ガス」。若い女性客がやたらに多く異様な感じがした。 やくざ映画は男臭いコヤで鑑賞しなけりゃ趣き半減。 都内で頑張る浅草名画座を若き映画ファンにもっと応援してもらいたい。 東映の△マークのオープニングに、BGMを使わず犬吠埼の生録音から始まる加藤泰ワールド。 ローアングル多用のシネスコ画面に余白はない。 ワンカット毎、美しい絵画を観ているよう。 汐路章、安部徹の熱演光る。 大木実演じる土建屋が少し欲張りすぎた脚本にちょっと疑問あるが、大東映屈指の傑作である。 (2009年3月7日 浅草名画座にて 同時鑑賞「用心棒市場」)

閲覧数597