ここから本文です

六條ゆきやま紬 (1965)

監督
松山善三
  • みたいムービー 1
  • みたログ 6

4.17 / 評価:6件

松山善三監督、高峰秀子主演

  • iyayo7 さん
  • 2012年11月26日 22時20分
  • 閲覧数 597
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

温泉芸者をしていたいね(高峰秀子)が、豪農六條家の当主に見初められ、結婚するが、夫は一人息子を残し、借金苦から首を吊ってしまう。
残されたいねは、夫が残そうとしたゆきやま紬を守るため、借金を返し経営を立て直そうと、頑張る。
面白くないのが姑の美乃で、あの手この手でいねの追い出しを図る。
高峰秀子の“耐える嫁”はよくあるパターンだが、今回の敵は姑だけでは収まらず、田舎の閉鎖的な習俗が襲い掛かってくる。
後味が悪く、これでは高峰秀子は可哀そうという感じ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ