ここから本文です

父と娘の歌 (1965)

監督
斎藤武市
  • みたいムービー 2
  • みたログ 8

3.78 / 評価:9件

チャイコピアノ協奏曲

  • sou***** さん
  • 2012年11月6日 19時43分
  • 閲覧数 1025
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

吉永小百合と浜田光男の名コンビによる音楽映画。父親に宇野重吉がクラリネットで出演。ピアノ演奏家を目指し、音大受験生の吉永小百合はバイトをしながら音大を受験し、見事合格する。しかし、家計が苦しいためジャズクラリネットで稼いでいる父親の宇野重吉と共演したいがために宇野をオーケストラに紹介し、吉永は自分の晴れ舞台であるチャイコフスキーのピアノ協奏曲一番を演奏することになる。本人の努力と友人である浜田のバイオリンの助けを借りて練習に練習を重ね、見事にデビューコンサートを成功させる所で終わる。吉永の見事なピアノ演奏で圧倒された。昔からかなりのピアノの実力があったと聞いているが、本物である。吉永の父親思いのひたむきな努力のかいがあってまた、浜田との名コンビの恋もあり、白黒映画でもあり感動的な映画になっている。地味な映画だから、観る機会が少ないが是非ともお薦めしたい映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ