ここから本文です

007/オクトパシー (1983)

OCTOPUSSY

監督
ジョン・グレン
  • みたいムービー 19
  • みたログ 772

3.64 / 評価:241件

印象が薄い残念作

  • カーティス さん
  • 2016年6月8日 0時15分
  • 閲覧数 940
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

007は大好きなんだけどこれはいまいち印象が薄い。主題歌とアバンタイトルはわりと好きで覚えてるんですけどね…

『ユア・アイズ・オンリー』の冷戦を背景にした地に足着いたアクション路線と、ムーアボンド前半のバカ映画路線を合わせた欲張りな作品。どちらの路線も好きだけど、本作はちょっと…。両路線が水と油で、ちぐはぐな印象を受けます。

初見ではわかりづらいファベルジュエッグの行方とか(いくらマクガフィンでも扱いが雑すぎます)、事件の黒幕であるソ連のタカ派将軍とボンドが対決することなく、相方の小悪党との対決に終始する肩すかしな展開など、シナリオの粗が目立ち、思うように華麗なアクションシーンに集中できないのが難。変に複雑にしようとして失敗してる感じです。
加えて、悪役はショボいしボンドガールは使いまわし(失礼)だし、ジョン・バリーの音楽もおっとりしていて激しいアクションシーンがややのんびりしたものに見えてしまうしで、なにかと残念な作品です。『黄金銃』のように「印象に残る出来の悪さ」というわけでもないのもある意味残念かも…

アバンタイトルのアクションとか、警察に追われるボンドのシュールさとか好きな要素もあるんですけどね…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ