ここから本文です

007/オクトパシー (1983)

OCTOPUSSY

監督
ジョン・グレン
  • みたいムービー 17
  • みたログ 771

3.09 / 評価:241件

ライドアクションはトップクラス!

  • カナボン さん
  • 2008年9月20日 22時26分
  • 閲覧数 893
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

不吉な数字の13作目・・・ということではないのでしょうが、イマイチシリーズでは、評価も印象も高くない本作、でも私は結構好きな作品です。

今回のお題目は「007/オクトパシー」です。

もちろん私自身の印象ですが、この作品、シリーズでも指折りのライドアクションの決定版だと見ています。冒頭のアクロスターの空中アクション(燃料切れで、GSで「満タン」とすまして言うボンドにニンマリw)、インド市井を舞台とする三輪タクシーチェイス、列車の屋上での格闘、ラストのセスナ上の空中の死闘まで、スピード感溢れるライドアクションの連続です。

クレジット後の本編の幕開けで、ボンドの同僚”009”が殺される緊迫のスタート。オクトパシー軍団と呼ばれる魅惑的な美女軍団、神出鬼没な双子のナイフ使いの殺し屋、まさに綱渡り的な危機の連続が描かれ、そこに前作ではほぼ皆無だったムーアボンド特有のコミカルさもブレンドされ、007映画らしさを全編に出しています。

なのに、何故こんなに評価や印象が低いのでしょうか。その理由は二つあると思います。

まず第1に、ボンドガールです。この映画のモード・アダムスはシリーズ9作目「黄金銃を持つ男」に続いて唯一、ボンドガールの栄冠を2度射止めた女優ということで有名です。しかしこれがいけなかったと思います。確かに「黄金銃」ではサブ的なボンドガール、本作ではメインという違いがありますが、ハッキリ言って、「黄金銃」から10年近く経っている作品です。あの頃の魅力は半減するのも仕方ないところ。アダムスファンには申し訳ありませんが、やはりボンドガールは変えるべきだったと言わざるを得ません。

第2に悪役のセコさ。今回の悪役は粗悪な模造品を売り捌き、イカサマダイスで儲けているような小粒な奴です。ソ連のタカ派の将軍と組むまではよかったが、彼の悪事がばれて消されるや、形勢不利と見るとスタコラと用心棒を連れて逃げだす始末。この作品は、やはり007は悪役が強くなければ盛り上がらないということを見せつけてくれた映画でもあります。(余談ですが、今回の悪役のお粗末さを反省してか、次回作では最凶の悪役クリストファー・ウォーケンが登場します)。

ではいつもの評価を。

ボンドガール
オクトパシー=モード・アダムス ★★☆☆☆
物語の主要な謎の人物、オクトパシー。しかし本当に主要なのか、この女?と思うほどこの人物像の描き方がなっていません。この役を演じたアダムスは、当時38歳でした。これまで最年長だった「ゴールドフィンガー」のブラックマンの37歳の記録を初めて更新したわけです。本作のタイトルにさえなったミステリアスなこの役、もっと深く掘り下げてくれていれば・・・。誠に残念です。

マグダ=クリスティーナ・ウェイボーン ★★★☆☆
カマル・カーンの愛人なのか、それともオクトパシーのレズビアンの相手か、意味不明の美女。でも正直アダムスのオクトパシーより、マグダ役のウェイボーンの方が輝いています。

悪 役
第13代悪の帝王 カマル・カーン=ルイ・ジュールダン ★★★☆☆
007シリーズ最弱の悪の帝王、やることなすこと全てセコイ(苦笑)。ただ演じるルイ・ジュールダンは私のお気に入りの二枚目俳優なんですよwせっかく二枚目俳優から珍しくボンドの敵役に選ばれたのだから、もうちょっと描き方に工夫をして欲しかったです(涙)

カマルの怪力用心棒ゴビンダ=カビール・ベティ ★★☆☆☆ 
彼もその怪力のキャラクターをもうちょっと効果的に使えなかったのかなぁ。ラストのセスナ上の死闘の決着のつけ方もちょっと酷過ぎる感じです。演じるはシンドバットシリーズで有名なカビール・ベティでした。

ソ連タカ派将軍オルロフ ★★☆☆☆
俳優のスティーブン・バーコフってこんな役ばかりですよね。まあどうでもいいけどw

双子の殺し屋ミーシカ&グリーシカ=デビッド・メイヤー&トニー・メイヤー ★★★★☆
はい、すみません。本作で一番頑張っていた悪役は彼ら二人でした(笑)

なお、本作からM役がロバート・ブラウンに変わりました。16作まで4作務めることになりますが、やはり故バーナード・リーの貫禄にはとても及びませんね。(大体この人、好々爺って感じですしねw)

繰り返しますが、さすがはジョン・グレン監督、アクション面は秀逸な出来です。リタ・ヘーリッジの主題歌もいい。ボンドガールと悪役がもうちょっと良ければ大傑作となったでしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ