ここから本文です

ほんだら剣法 (1965)

監督
森一生
  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

3.67 / 評価:3件

ビリヤードみたいな構え!

  • bakeneko さん
  • 2011年1月19日 15時22分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦中のエノケン主演版(1941)も有名な、野村胡堂原作“磯川兵助功名噺"のリメイクで、クレイジーキャッツの犬塚弘の個性を生かした”アクション喜劇“の佳作であります。

植木等の“華”、ハナ肇の“押し出し”、谷啓の“おとぼけ”等、クレイジーキャッツにはそれぞれ独特の個性がありますが、犬塚弘の個性は“朴訥さ”に有る様な気がします。
本作では、“ヌボーとしたひょろ長い体”を生かした“絶大なリーチ”の剣法の使い手である素朴な侍を好演しています。喜劇ベースの物語展開ですが、そこは剣劇&緊迫したドラマ演出の名手でもある森一生によって、不可思議なテクニックながら説得力のある本格的なチャンバラと機智に富んだ御家騒動回避の頓知の両方を楽しめる娯楽作となっています。
藤田まことやハナ肇らの競演も豪華で、ゲストの藤村志保の艶やかさも見物ですが、坪内ミキ子の可愛らしさは特筆に値します。

家族揃って安心して笑える時代劇喜劇で、大映作品の本格的な剣劇陣の実力によって創りだされた“唯一無二の不思議剣法”を観ることの出来る作品であります。


ねたばれ?
道場剣道では実際にリーチの長い竹刀が有効だった様で、千葉周作のエピソードにも出て来ます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ