ここから本文です

社長千一夜 (1967)

監督
松林宗恵
  • みたいムービー 1
  • みたログ 13

3.40 / 評価:5件

シリーズの陰りを感じさせる一本

  • tkr_dvd さん
  • 2009年12月12日 7時41分
  • 閲覧数 660
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

社長シリーズの陰りを感じさせる一本
それというのも社長秘書役の小林桂樹が本作では部長昇進し
後輩にその地位を譲る、と称して最初と最後にちょろっと出るだけだからだ

後輩役には黒沢年男
これまでシリーズの売りだった森繁と小林の丁々発止のかけあいの代わりに
常識知らず、融通利かずの若者とのギャップで笑わせようということだが
これがどうも、ただただ不快なキャラクターになってしまって面白くない
二作きりで関口宏に代わってしまったところを見ると当時としても評判は良くなかったようだ

シリーズを支えてきた三木のり平とフランキー堺も本正続編がラストとなる
二人ともに、どうも何か不満を抱えている様子が映画にも出てしまっていて
演技が投げやりで、どうも雰囲気がよろしくない

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ