ここから本文です

座頭市鉄火旅 (1967)

監督
安田公義
  • みたいムービー 3
  • みたログ 64

3.78 / 評価:23件

ほし よっつ

痛快娯楽作品。1967年作品とは思えない完成度。
襲いかかる 敵が多すぎて最後の戦いが中途半端に締めてしまった以外は、座頭市の人柄、事の起こり、刀鍛冶との関わり、堅気の仕事に挑戦する座頭市。旅籠の姉弟との関わり合い。そして悪人どもを蹴散らす。「居合切りは刀を抜かせていれば我々なら勝てる」という浪人達の作戦も場を盛り上げた。

特に仕込み刀の寿命エピソード。修理した刀を敵に奪われ、折れると知っての刀で敵に立ち向かう、抜群にスリルあった。
その刀の結末も粋であった。

ヒロインの藤村志保が抜群に魅力あった。小顔でちょっと影のある美人。怪しい魅力もあるよね、個人的イメージだが猫の目力のイメージを抱いた。

脇を固める、名俳優陣。藤村志保はもちろん、藤田まことや昭和のテレビでは記憶が鮮明に浮かぶ、春川ますみ。歌声を響かせる水前寺清子。
豪華ですね。

座頭市の仕込み刀は、鞭がしなる音のようにピュンピュン唸る。スピード感と威力が伝わる演出。
そしてお約束?のおにぎりシーン。他にどんぶり飯や屋台うどんの食事シーンもシリーズの見どころですね。
旨そうなんだこれが。


調べるとシリーズは25作品あるよう。ぜひ全作観たい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ