ここから本文です

忍者武芸帳 (1967)

監督
大島渚
  • みたいムービー 3
  • みたログ 49

2.85 / 評価:13件

いま観ても、大胆な実験作です。

  • mal******** さん
  • 2010年2月11日 16時30分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

他の方のレビューにもある通り、携帯電話でマンガを読める時代に慣れた人にとっちゃ、本作が映画として成立することには、多少の違和感はあるでしょうね。私自身は携帯でマンガを読みたいと思わない人間なので、単純に当時の大島渚監督の野心的な本作をじっくり観せてもらいました。モノクロで描かれた戦国時代の空気感と人間の生死は、不思議な迫力がありますが、私には血の匂いと量が多すぎて、2時間の上映時間は少々きつかったです。影丸の最後の言葉の意味も大きいと思うのですが、平等という言葉の甘さに片寄った危険性も感じます。私は本作の実験精神を認めつつも、マンガは自分のペースで読んでいく方が好きです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ