ここから本文です

サイボーグ009 怪獣戦争 (1967)

  • みたいムービー 2
  • みたログ 38

3.63 / 評価:16件

エンタメ重視だけどテーマも生きてる

  • focalargha さん
  • 2012年12月5日 21時25分
  • 閲覧数 553
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリーは、世界各地の海に怪獣(恐竜プレシオサウルス)が現れ、船や飛行機を襲っている場面から始まる。
怪獣が超音波を発することから、ブラックゴーストの関与を疑ったギルモア博士は、前作で戦いを終え、元の生活に戻っていたサイボーグ戦士たちを招集する。
009はギルモア邸に向かう途中で事故に遭い、ヘレナという女性を助ける。
その後、ヘレナは009たちの船に内緒で乗り込み、結局、怪獣退治についてくることになったのだが…。


劇場用第2作目。
1作目『サイボーグ009』(1966年)の続編であり、キャラクター設定も同じで、ストーリーも「その後」の話となっている。

そのため、第1作目から見ることをお勧めするが、こちらだけ見ても楽しめる内容にはなっている。
原作マンガに登場するキャラクターやエピソードをいくつかアレンジして取り入れているので、知っている人なら、そう来たかーと思うかもしれない。

アクションシーンに重点を置き、エンターテイメントに仕上げてあるが、今作でも反戦のテーマは生きている。
ラストシーンの009と003の会話は、前作と今作を通して、この作品が訴えたかった内容となっている。

ヒロインのヘレナもとても可愛らしくて魅力的。
声が特徴があると言うか、今となっては知られすぎている女優さんなので違和感もなくはないが、それでも可愛い。
彼女の心が変化するシーンが印象的だった。

全体的な見どころはやはりアクション。
空中、海中、地底、建物内と、次々に場所を変え、メンバーが各自の能力を存分に生かして立ち回っている。
ところどころに差し込まれる006や007、時に002までまざってのコメディシーンも楽しい。
1作目に比べれば、メンバーの性格描写も出るようになった。

注目のシーンは、008が口から水を噴いたとこ。
え、ピュンマってそんな能力あったっけ?;;

あとは004のミサイル4つ同時発射。
この映画の004は両腕からもミサイルが出る。
足を開いて、バンザイして、手足をまげて一気にシュポン!
こ、これは、死神さんの勇姿なのか恥ずかしい過去なのか、超ハインリヒ伝説というか、もう、何やらかしても好きよ、あなた。
ぜひ見てあげてほしい。

評価は☆4.5くらいで。
1作目が濃すぎたので目が肥えた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ