レビュー一覧に戻る
にせ刑事

bakeneko

5.0

ネタバレ大魔神大宣伝!

不運な事件で懲戒免職になった元警官:勝新太郎が持ち前の正義感から繰り広げる活劇をコミカル且つ豪快に描いた“ポリスアクション&人情コメデイ”の佳作であります。 重厚な社会派のイメージが強い山本薩夫監督が肩の力を抜いて創った娯楽作で、勝新太郎の愛すべき正義漢ぶりを応援する犯罪活劇であります。 後半は一応誘拐事件の捜査がサスペンスフルに描かれますが、物語は勝新の演じる元警官=現魚屋の奮闘記で、常識から少しずれた正義漢の繰り広げる大騒動を笑いながら応援する作品であります。 そして、大映映画のタイアップ宣伝が繰り返し出て来るのも時代を感じさせ、「ガメラ対ギャオス」と「大魔神怒る」の二本立てのポスターに当時の映画ファンは懐かしさ満杯なのであります。 勝新以外の共演者はカメオ出演的なものが多く、大坂志郎、加東大介、吉村実子らは顔見せ程度ですが、唯一元上司を演じて伊藤雄之助が含蓄あるところを見せてくれます。 冒頭のアクションシークエンスから、“考えるよりも先に手が出る”主人公と一緒に爆走する楽しさを共感する作品ですが、通常の勝新主演のヒーローものに比べて主人公が桁外れには強くないのも出色で、物語の最後の“落ち”と共に、やはり山本監督の特色が出ている映画といえます。 勝新&娯楽活劇ファンにお勧めの肩の凝らないコメデイアクションであります ねたばれ? 劇中で宣伝の為に大魔神シリーズの2作目「大魔神怒る」が、台詞や小道具に何度も出てきますが、劇中の上映映画館での映像は何故か1作目の「大魔神」であります。

閲覧数403