ここから本文です

上意討ち 拝領妻始末 (1967)

監督
小林正樹
  • みたいムービー 23
  • みたログ 169

3.93 / 評価:80件

観てるこちらは置いて行かれてしまう

  • yam***** さん
  • 2017年11月10日 22時47分
  • 閲覧数 577
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

三船敏郎、野獣のような生命力。押して暴れて吠えまくる芝居。疲れる。そこに引きの役者仲代達也が要る。発声、視線、おどろおどろしく画面が締まる。
筋としては何とも締まらない。三船俊郎が息子夫婦の愛に感動して家名断絶を決心するなど。
嫁も、死に時を間違えた。親戚一同の前で絶対に添い遂げると宣言した後に自害していたら他の誰も死なずに済んだのだ。
残念な映画である。
断腸の、という台詞はあるが、観てるこちらは置いて行かれてしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ