ここから本文です

君が青春のとき (1967)

監督
斎藤武市
  • みたいムービー 2
  • みたログ 4

3.00 / 評価:3件

時代の違いを感じる・・・

  • tot***** さん
  • 2013年8月31日 10時10分
  • 閲覧数 537
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

テレビ局に勤める新人女性職員が“おとり”となる、おとり取材の功罪を問いかけるような作品。現在でもその報道倫理が問われます。社会正義のためにはその正当性も認められることもあるようですが、この作品でのチンピラ青年(山本圭)はそんなに悪人でもないし、今の時代に見ると何が社会悪なのか理解しにくかった。逆に姉思いの優しい青年だったのに・・・。そのことに気づいていく主人公(吉永小百合)は最後には後悔してチンピラ青年姉弟に謝ることになるのだが・・・。被害者的なチンピラ青年姉弟に一番感情移入できた。吉永小百合は相変わらず演技がイモくさい。姉を演じた十朱幸代がよかった。米倉斉加年は若かったけどやはりアゴは長かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ