ここから本文です

座頭市牢破り (1967)

監督
山本薩夫
  • みたいムービー 4
  • みたログ 38

3.41 / 評価:17件

座頭市がかすんでる

  • kin***** さん
  • 2020年2月18日 11時33分
  • 閲覧数 138
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルトップに「勝新太郎プロダクション第一回作品」と出ます。カツシンとしても、並々ならぬ力が入っているのが分かります。そこで豪華キャストが並び、山本薩夫監督、宮川一夫撮影。第一級大作の布陣です。

 見終わった印象は「それが仇になっている」。
 座頭市はあくまでB級、アンダーグラウンドのダーティーヒーローで、プログラムA面には似合いません。三國連太郎や鈴木瑞穂の見せ場を作るため、座頭市の見せ場は半減、またダーティーより人道的座頭市になっていて魅力も半減、と思います。

 シリーズ物の宿命でしょうか。脚本が三人連名なのも、たぶんあまり上手くいかずに直しを繰り返した結果、という気がしてしまいます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ