ここから本文です

座頭市牢破り (1967)

監督
山本薩夫
  • みたいムービー 4
  • みたログ 32

3.38 / 評価:13件

観やすい

  • sol***** さん
  • 2014年11月3日 22時00分
  • 閲覧数 379
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

相変わらず、目が見えていないのが嘘みたいな市。

そこを勝新の演技で、見えてないように魅せるのが上手いと思う。

昔の映画は展開が早くてとても観やすい。

ほんと、うれしいがそれでもちゃんと絵が撮れてるから話にのめりこめる。

特に時代劇で、遠景が撮れてるのはこの時代ならではという気がする。

いま、田んぼがあって電信柱も、コンクリも砂利もない畦道など、見つからないのではないだろうか?

ラストの市が歩いている風景にしたって、相当遠くまで撮っていたが現代的なものが全然映ってないのが凄いと思う。

座頭市はあまりみていないが、数が多いのでこれからダブって見ないようレビューをつけるが、今回新発見として、座頭市の時代背景が、実は幕末に近かったと気づいた。

異色の時代に、異色の勝新。異色のキャラクター。やっぱりとんでもなくエネルギッシュな映画だと思う。

三国連太郎の親分は、前半と後半で全然違う人みたいなのに、違和感なく演じちゃうのはさすがだなと思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ