ここから本文です

銭形平次 (1967)

監督
山内鉄也
  • みたいムービー 1
  • みたログ 18

3.44 / 評価:9件

今日も決め手の、銭が飛ぶ!

BS日テレ『木曜は!特選時代劇』で鑑賞!
2021年7月22日(木)放送分を録画で!
オイラが2021年に観た、260本目の映画!

大川橋蔵、名探偵・銭形平次誕生の巻!

懐かしい、舟木一夫の歌うテーマソングにて開幕!
平次(大川橋蔵)は、まだ岡っ引きではなく、鳶職人!
賭場で丁半博打に興じている!
そこに手入れが入り、一網打尽に捕まってしまう!
鳶の親方とその娘が引き取りに来て、釈放されるが、その帰り道、野暮用があると言って別れた親方が、翌日、心中死体として発見される!
死体の様子から、無理心中に見せかけた殺人だと見抜いた平次は、親方殺しの真犯人を挙げる為、それまで嫌がっていた岡っ引きとなるのであった!

古き良き時代劇ながら、カメラワークや殺陣、橋蔵の投げ銭など、今観ても古さを感じさせない、アクション性を感じた!
幼馴染の辰之助(小池朝雄)とのエピソードや、謎の剣士・橘数馬(舟木一夫)の登場、もつれにもつれた親方殺しの謎を解く平次の推理力など、最後まで一筋縄ではいかない、興味の尽きない面白さであった!

映画はこれ1本だったが、本作の前年、1966年から始まったテレビシリーズは、1984年までの18年間にわたり、全888話が放送され、同一俳優による同一主人公のテレビドラマの最長記録として、ギネスブックに載っているらしい!
昭和41年から昭和59年までやってたんだ!
子どもの頃は、よく見ていた記憶があるけど!

懐かしくも新しい、カッコいい橋蔵平次の名作だと思います!

映画って素晴らしい!

そいつぁよかった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 不気味
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ