ここから本文です

ダメージ (1992)

FATALE/DAMAGE

監督
ルイ・マル
  • みたいムービー 48
  • みたログ 354

3.27 / 評価:98件

表層ならざる感情によって…

  • 一人旅 さん
  • 2020年10月25日 14時08分
  • 閲覧数 368
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ルイ・マル監督作。

アイルランド出身の女性作家:ジョゼフィン・ハートによる1991年発表の同名小説をフランスの名匠:ルイ・マル監督が映画化した英仏合作の恋愛悲劇で、ジェレミー・アイアンズ&ジュリエット・ビノシュが激しく惹かれ合う男女を熱演しています。

家族と平穏に暮らしている英国の有力国会議員:スティーヴンと、編集者の息子:マーティンの婚約者:アンナの邂逅と禁断の愛を描いた作品で、妻子がありながら息子の婚約者と肉体を貪り合う関係を築いた男の破滅までの道のりを官能的な性描写をエッセンスにして映し出しています。

本作を端的に言ってしまえば“不倫映画”で、息子の婚約者を並々ならぬ性的欲望の対象として見てしまった男を描いたお話です。只の不倫ではなく、その相手が息子の愛する女性であることが倫理観を大きく削ぐ行為となっていて、国会議員という社会的な立場が非常に高く、その上家族に恵まれ裕福であるにも関わらず、息子の婚約者を出逢った瞬間から肉体的&精神的に愛し尽くしてしまった男が自ら辿っていく哀しい末路を描いています。

主演の英国人俳優:ジェレミー・アイアンズの初老ならではの柔らかな物腰と女と激しく求め合う動物的本能に身を委ねる姿が鮮烈なコントラストとなっていて、彼より一回り以上若いフランス人女優のジュリエット・ビノシュが本心の読みにくい魔性のヒロインを官能的に演じ切っています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ