ここから本文です

乱れ雲 (1967)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 8
  • みたログ 109

3.85 / 評価:33件

この設定はないな

  • fra***** さん
  • 2014年3月5日 16時45分
  • 閲覧数 825
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

成瀬巳喜男の遺作ということで見たが、設定に現実味がなく感情移入ができなかった。いくらなんでも自分の夫を轢き殺した男にそういう感情を抱く女がいるだろうか。夫とうまくいってなかったとか言うのならまだしも理解できるのだが、これはそういう設定じゃないし。だから初め拒否していた司葉子がだんだん加山雄三を受け入れて行く過程が理解できなくて、もうそれだけでシラけてしまった。加山のノーテンキぶりがそれに加重されて見るに耐えなかった。しきりと「ぼくァ」というセリフがあり、あの「シアワセだなぁ」の歌が思い出されて失笑。森光子、加東大介らベテランの脇役はさすがにうまい。成瀬の遺作としては残念な出来と言わざるを得ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ