ここから本文です

乱れ雲 (1967)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 9
  • みたログ 113

3.71 / 評価:38件

遺作武満徹の音

  • どーもキューブ さん
  • 2009年1月5日 18時46分
  • 閲覧数 297
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

成瀬巳喜男監督の最後は、後期に度々出てくる有り得ない境遇人々が出てくる。「乱れる」の高峰、加山コンビ、「女の中にいる他人」の小林夫婦のようにまさに感情移入の難しい主役達。交通事故の被害者、加害者があわよくば恋に落ちてしまうのだ。絶対理解できない設定なのだが、何だろうこの艶めかしい司葉子。素晴らしく慎ましい綺麗さ!加山のボクトツさがまた微妙なのだが、二人のありえへん恋に魅了される。絶妙な音色を奏でる武満徹の音。なんともおかしな気持ちに導いてくれる。遺作に相応しい乱れっぷりの成瀬監督作だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ