ここから本文です

乱れ雲 (1967)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 8
  • みたログ 112

3.78 / 評価:37件

覆水盆に返らず

  • ami***** さん
  • 2009年12月24日 0時28分
  • 閲覧数 274
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

男であろうと女であろうと、深く信頼していた相手の裏切りにより深く傷ついた心を、
隠したり押さえつけてその関係を保とうとしても、いつか破綻が来る。
走れメロス的な話ではなく、コトはもっと難しい。許す立場の人間が、本当は相手を
許していても、相手がそう思っていないのでは?と勘ぐり、相手の行動一つ一つが
気になりすぎて、気が変になる。だからそれを察知したときに別れを決意する・・・
のかしらね?巷では。

そんな事を思わせる映画が、この成瀬監督の遺作となる「乱れ雲」です。

上の例えはあらすじとは全く関係ありませんが、不慮の事故とはいえ、殺してしまっ
た男性の妻と禁じられた恋の話です。少しずつ恋が実る過程で、自分自身に対して、
許したり許せ無かったりの葛藤を繰り返す、ある意味心苦しい物語です。
終盤の様々なシーンは、神からのお告げ?(笑)と思ってしまうほどの、怒涛の平手
打ちが主人公二人に襲い掛かります。
大巨匠に失礼ながらも、思わず笑ってしまいました。


成瀬監督の作品は、これで20本観ましたが、この方89本も作ってるんですね。
色々まだ観てみたいですが、成瀬さんが「女性」をテーマにし始める前の、つまり
戦前の映画を中心にできれば見たいものです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ