ここから本文です

燃えろ!太陽 (1967)

監督
松森健
  • みたいムービー 0
  • みたログ 2

3.00 / 評価:2件

夏木=藤山陽子コンビのラスト作品

  • hi6******** さん
  • 2010年10月14日 6時57分
  • 閲覧数 1041
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「でっかい太陽」と同じく、TVシリーズ「青春とはなんだ」の松森監督、
夏木陽介、藤山陽子のコンビでの、別の学校の物語。
当時の青春ものは絶大な人気シリーズだったのですね。
今回は、前作を同じ設定なので、改めて登場人物の
紹介もなく、落第生=スポーツで、頑張るみたいな単純な
話でもなく、TVシリーズでの良さである、だらだらとした日常での
エピソードをつづっているので、その無駄にゆるいテンポの
方が親しみやすい。
酔っぱらった夏木が、翌朝、記憶をなくした昨晩の事を
探偵風に探っていく話など結構笑えます。

この映画なんかを見ていると、
当時は、役者のランクも映画がTVよりも上と見られていたのは
五社の名残であろう。
実際、TVドラマのスターであった夏木は、映画での扱いは
ドラマの映画化作品以外はぱっとしない。
同様に、藤山陽子も、TVドラマに人気の割に映画ではその他
大勢の役者でしかなかった。
しかも、映画会社的には、TV役者(東宝のTV部もあった)では
不安だったのか、黒沢年男(まあ、単純馬鹿な学生役)、
酒井和歌子(母がいない優等生で、ヒロイン。本当に若く初々しい)などの
てこ入れをしていて、ドラマで大人気であった岡田可愛、豊浦美子を
外している。(まあ映画制作者側のTVの軽視であろうが、今考えると
あり得ない)
藤山陽子は、この作品で(元々役者が好きでなかった)結婚、引退して
しまった。(司葉子の後継者として期待されていたのに)
なので、映画の「青春とはなんだ」系映画も終了になってしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ