ここから本文です

人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊 (1968)

監督
小沢茂弘
  • みたいムービー 16
  • みたログ 30

3.58 / 評価:12件

“特攻”というものを改めて考えてみたい

  • クラムボン さん
  • 2012年2月6日 18時07分
  • 閲覧数 650
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

“特攻”というと飛行機が敵艦に体当たりする!神風特別攻撃隊が有名だが、タイトル通りこれは人間が乗る魚雷である。
最初から“特攻兵器”として開発された、究極の兵器だ。
映画では、回天の設計から施工、実戦までがストーリーだがその間に挿入される、人間模様に注目したい。
なぜ、彼らは死ぬと分かっていて回天に乗るのか?
彼らの家族、恋人たちの想いとは?
そして、運命の日…
彼らは、愛する人たちを想い敵艦めがけて突入するのである。
戦争映画ではあるが、人間ドラマとしても観る価値があるだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ