ここから本文です

女賭博師乗り込む (1968)

監督
田中重雄
  • みたいムービー 1
  • みたログ 12

3.75 / 評価:8件

上野山功一はLフィッシュバーンに似てます

  • mal***** さん
  • 2011年10月31日 16時07分
  • 閲覧数 355
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1968年に公開された江波杏子主演による「女賭博師」シリーズ第6作です。

今回も江波杏子演じる女賭博師お銀を中心に、裏社会の権力と欲望をめぐるドラマが展開されています。

私がこのシリーズを観るのはまだ3作目なんですが、江波杏子を筆頭に安田道代、三条魔子、滝田裕介、上野山功一といったお馴染のキャストがシリーズ毎に違った役柄を演じている不思議感はありますが、展開的にはいろんな計略に陥れられた江波杏子演じる主人公が、最終的には復活するというお約束パターンは安心して観られます。

ただ、本作は三条魔子のお色気シーンがあったり、公開時流行していたグループ・サウンズのエピソードも登場させたりと、シリーズ継続のためにそれなりの工夫があり、その意味では映像が華やかな感じがしました。

また、ローレンス・フィッシュバーン似の(前にも書いたことありますが)上野山功一は本作でも途中でめちゃ悪役に変貌したり、滝田裕介がイキな男性を演じたりして、主演の江波杏子を盛りたてています。

とはいっても、相変わらず私は賭博のルールをあまり知らないまま本シリーズを観てるんですがね・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ