ここから本文です

帰って来たヨッパライ (1968)

監督
大島渚
  • みたいムービー 4
  • みたログ 50

2.91 / 評価:11件

日本初のリミックス映画

  • ガーディニア🥺 さん
  • 2020年6月3日 13時54分
  • 閲覧数 243
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

題名こそフォークルのヒット曲「帰って来たヨッパライ」だが、中身はヨッパライとは関係なさそうな、大資本の綺麗なフィルムで撮影した反戦テイストな実験映画。
当時は難解で不評だったとか。子供が泣き出したとか。

しかし、このフィルムには、突然変異で現れた、アマチュア学生フォークバンドの衝撃を見事に表している。
ベテラン脇役俳優、殿山泰司扮するおばあちゃんの「しんせいは40円ですかねぇ」の見事な間に、間抜けに棒読みで答えるアマチュア 3人。
これだけでも充分シュールなのに、カットアップや、最初からやり直しの後半のリミックスまで、ミューテーションな彼らに対して大島監督の精一杯のアバンギャルドで応えているのが絵的におかしいじゃありませんか。

緑魔子扮するネーチャンの、これまた、アマチュアの彼らと絡めるとより美しさが際立つおヌード、早すぎたエディアダムスの有名な反戦写真のパロディなどとからめ、極め付けは映画が途中後半からヨッパライが天国から追い出されたかのように、振り出しに戻る、映画そのものを使った実験まで。

1968年日本の精一杯のアバンギャルド、綺麗なフィルムで納めたそのインパクトはその後の亜流8mm映画のどれも叶わないだろう。

本当に痛快なのは、大資本で遊んでやることだと、軍服を着るのを否定したとぼけた顔の大ノッポが言っているようで、この1968年唯一無二のビッグバンギャルドに乾杯。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ