ここから本文です

とむらい師たち (1968)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 3
  • みたログ 30

3.36 / 評価:14件

‘アンチ’万博

  • pos******** さん
  • 2008年9月11日 20時07分
  • 閲覧数 650
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 今月公開される『おくりびと』(滝田洋二郎監督 本木雅弘主演)のパロディーのような作品が既に1968年に制作されていることが驚きである。勝新太郎が主演ということも手伝って作風はシリアスとコメディーの境界線を伝っていくが、ラストが突然SFと化してしまうところが凄い。このラストシーンの制作当時の意図は1970年に大阪万国博覧会を開催する前に、2度も原爆を落とされた日本人は‘1945年の葬儀博覧会’をする必要があるのではないのかという異議申し立てなのだと思う。だから主人公たちが設立した国際葬儀協会は略して‘国葬’なのである。
 ちなみに葬儀博覧会は葬博=蒼白=糟粕。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ