ここから本文です

昭和のいのち (1968)

監督
舛田利雄
  • みたいムービー 0
  • みたログ 4

3.00 / 評価:3件

昭和のいのち

  • pj2******** さん
  • 2015年7月12日 19時00分
  • 閲覧数 378
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

作品としての評価はするが力みすぎて映画が2時間30分の長編でダラダラと長く胃がもたれるし娯楽性に乏しい。裕次郎も太っていて恰好が悪い。このころの日活映画は本当に面白くない。黄金時代のスター娯楽性を保つのは小林旭だけである。渡哲也は泥臭いチンピラ映画で、高橋英樹は箸にも棒にもかからない大根。この映画にも脇ででているが印象は薄い。規制のスターを使う映画ではない。残念

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ