ここから本文です

闇を裂く一発 (1968)

監督
村野鉄太郎
  • みたいムービー 1
  • みたログ 8

3.25 / 評価:4件

佐藤允が頭痛薬を多量に噛み砕いてます。

  • mal***** さん
  • 2012年8月23日 15時55分
  • 閲覧数 339
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1968年に公開されたサスペンス映画です。

ライフルを所持し、殺人を繰り返す凶悪犯の手塚(佐藤允)と、彼を追いかける警察側との息詰まる攻防を描いた本作、クライマックスにおける野球場でその緊張感は頂点に達し、最後まで飽きることなく観られる仕上がりになっています。

面白いのは犯人の手塚が極度の頭痛もちで、ある特定の頭痛薬をいつも所持して、数分間ごとにその頭痛薬を多量に口に放り込み、ラムネ菓子のように(きっとラムネ菓子なんでしょうね)バリバリ噛み砕く姿がなかなかワイルドなんですが、よ~く考えれば?水なしでよくそんなに呑み込めるね?と変に笑えてしまいます。

途中、警察側の熱血漢ぶりが伝わりすぎる嫌いもありますが、事件の結末を暗闇で一瞬だけ見られる閃光で表現した演出などは、説明過多の最近の映画に比べれば、実に見事に表現されていると思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ