ここから本文です

兄貴の恋人 (1968)

監督
森谷司郎
  • みたいムービー 1
  • みたログ 25

3.86 / 評価:7件

ロミ山田役どころがかなり異質ですよ。

  • mal******** さん
  • 2012年7月31日 16時36分
  • 閲覧数 677
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

1968年に公開された青春恋愛映画です。

仲が良すぎる兄と妹をそれぞれ加山雄三と内藤洋子が演じています。今だったらこの関係はもっとあやしく描かれてるんでしょうけど、時代が時代だけにそこはそれほど掘り下げていません。

ですが、嫉妬心で兄の恋人をいろいろ品定めする内藤洋子の妹役には感情移入できませんでしたし、本当は酒井和歌子演じる和子が好きなはずの加山雄三演じる主人公の男性も、若大将のような積極性とおおらかさもありません。

まあ、結果的にはハッピーエンドですし、全体的にはうまくまとまった印象です。ただロミ山田が演じたピアノの先生役は、同性愛者という異質すぎる役柄で、良くも悪くもこの映画に必要なキャラクターだったのか正直わかりません。また、どうしてこんなキャラクターを登場させたのかは謎のままであります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ