人生劇場 飛車角と吉良常
4.0

/ 13

31%
46%
15%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • kin********

    2.0

    本当に内田吐夢?

    内田吐夢作品は、人間を透徹に見つめる重厚さを常に感じていたので、この陳腐なメロドラマが内田作品とは到底思えず、退屈でした。

  • kyo********

    3.0

    藤純子が色っぽい

    飛車角(鶴田)、吉良常(辰巳)、宮川(高倉)のキャラクタ作りが際立っている。 藤純子の色っぽさは類例を見ない。 飛車角と宮川の三角関係が浮上したあたりは面白かった。 藤純子の女の弱さが剛直な生き方をする男たちとの対比で妖艶さを増す。 しまいに二人の男から見放され、地べたに伏して泣き崩れる豊満な姿態はエロ過ぎる。 やや冗漫な場面(吉良常の病床)やアクションシーンやピストル射撃の非現実感(戦時経験しながら実射を知らない映画人)など、物足りなさも目についた。 ヤクザ映画全盛期に豪華スターを配して巨匠の登板となったため、当時の映画評も高かったようだが、寂寥感の染みる他のヤクザ映画の傑作と比べると完成度において不満。

  • bet********

    5.0

    堂々たる風格

    内田吐夢の映画は1カット1カットに「風格」がある。構図のみならず、調度品、小道具、すべてが違う。悠然として張り詰めている。 俳優の面で見ると、鶴田の映画に見えて実は辰巳の映画。原作モノにありがちな筋運びのせわしなさはあるものの、時代遅れな「残侠」を描こうとした手際は素晴らしい。

  • syu********

    4.0

    大正琴の音と共に

    1933.3.(昭和八年三月)外為管理法(外為の国家管理)            戦時統制経済の始まり 日本人がこよなく愛した尾崎士郎原作「人生劇場」。昭和8年(1933)から足掛け11年間、『都新聞』『東京新聞』に連載。情緒豊かな着流しの世界。どこか仏蘭西映画フイルムノワールに通じる。 大正時代を描いた作品に2005.春の雪2006.バルトの楽園

  • y9m********

    5.0

    映画史に残るラストの修羅場!

    説明的なセリフ、ナレーション、字幕は一切ない! 内田吐夢監督が「運命の女」おとよをめぐる飛車角と宮川の三角関係をメインに 滅び行く老成・吉良常、老成を糧に文学に励もうとする青成瓢吉を交えて、 人生とは?人間の性とは?を重厚に語りかける! 映画史に燦然と輝くモノクロ荒粒子の修羅場のシーンがトラウマになるほど 衝撃的だ! そして、ラストですべてを悟り狼狽しながら去ってゆく、純愛に破れた飛車角のその後を どうしても知りたいと思うのは贅沢だろうか?

  • いやよセブン

    5.0

    飛車角とおとよと宮川に吉良常

    「人生劇場 飛車角」を内田吐夢がリメイク、というか1936年の「人生劇場」の続編というか、東映の大川博社長が仁侠映画の地位向上のために作った、など想像するだけで楽しい。 どうしようもない三角関係に心を悩ます吉良常(辰巳柳太郎)が一番いい。 おとよは前作の佐久間良子から藤純子に代わったが、「男なしではダメな女」を無難に演じていた。 飛車角(鶴田浩二)と宮川(高倉健)は貫禄の余裕。 クライマックスの殴りこみのシーンは「宮本武蔵」同様、白黒になり迫力満点の立ち回り。 重厚な仁侠映画だ。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ任侠ベストバウト!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中