ここから本文です

人生劇場 飛車角と吉良常 (1968)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 8
  • みたログ 42

4.08 / 評価:12件

飛車角とおとよと宮川に吉良常

  • iyayo7 さん
  • 2012年1月19日 22時49分
  • 閲覧数 1083
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「人生劇場 飛車角」を内田吐夢がリメイク、というか1936年の「人生劇場」の続編というか、東映の大川博社長が仁侠映画の地位向上のために作った、など想像するだけで楽しい。
どうしようもない三角関係に心を悩ます吉良常(辰巳柳太郎)が一番いい。
おとよは前作の佐久間良子から藤純子に代わったが、「男なしではダメな女」を無難に演じていた。
飛車角(鶴田浩二)と宮川(高倉健)は貫禄の余裕。
クライマックスの殴りこみのシーンは「宮本武蔵」同様、白黒になり迫力満点の立ち回り。
重厚な仁侠映画だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ