ここから本文です

座頭市喧嘩太鼓 (1968)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 1
  • みたログ 54

3.68 / 評価:19件

座頭市の簀巻(すまき)ファイトは必見

  • jig******** さん
  • 2011年12月31日 13時51分
  • 閲覧数 621
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

得意なはずのバクチでおけらになる市、
こんな市は珍しいのですがなんと自分の仕込刀を
質に入れてまでもバクチをしようとする姿も珍しい。
自分で振ったサイコロで一発逆転かと思いきや
イカサマがばれるなんざ、市も焼きが回ったね。


その後は簀巻(すまき)にされた
世にも珍しい市の簀巻が拝めますが、
簀巻のまま戦う座頭市というのも見物。
簀巻のまま敵から逃走する姿は
シリアスさと離れた部分で妙におかしい。
話の中身は結構真面目なんですが、
ここの描写だけ妙に面白く感じてしまいました。


序盤で殺された男の姉役に三田佳子さんでして、
女郎として借金をしかたなく稼いでいたんだと。
三田佳子さんが女郎て・・なんか燃える!
じゃなくて、彼女に負い目のある市は彼女に幸せに
なってもらおうと奔走します。
女郎の身請けのために金が必要とは聞きますが、
実際当時はどんな感じだったんでしょうね。
利息とかなんとかけちつけて身請け金を吊り上げたりとか、
実際ありそうな気がしなくもない。


今回の市は本当に必死で、
見えないのに馬に乗って疾走してみたりと
かなりの無茶っぷりですが、
三田佳子さんを助けるためならしょうがない、
私も納得だ。
と、私が納得するくらい劇中の三田さんが綺麗でした。
なんというか、
不幸を背負ってる感じの三田さんいいですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ