ここから本文です

不良番長 猪の鹿お蝶 (1969)

監督
野田幸男
  • みたいムービー 2
  • みたログ 9

2.50 / 評価:4件

まだ方向性が定まらず

  • masala さん
  • 2008年6月2日 18時59分
  • 閲覧数 270
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

硬派な1作目から続いて製作されたシリーズ2作目。
菅原文太、千葉真一、宮園純子と豪華な顔ぶれである。
前作で死んだ谷隼人も復活。
主演の梅宮辰夫も固さが取れて不良番長に成りかけな風貌だ。
物語に克美しげると父親の話が盛り込まれる。
宮園純子の役柄が女札士という役柄で東映の任侠物の流れを受け継いだキャラクターで、今見ると古い。
菅原文太の見せ場も無く寂しい。
千葉真一は中々美味しい役。
1作目に続いて番長グループのメンバーは梅宮を残して全員玉砕。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ