ここから本文です

黒薔薇の館 (1969)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 6
  • みたログ 38

4.00 / 評価:8件

ゴージャスで陳腐なファムファタール映画

  • tebo***** さん
  • 2007年12月27日 2時33分
  • 閲覧数 622
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

時代のせいです。お陳腐なんて書いてしまったのはきっと。いまこんなのできないだろーな。いやぁ西村晃(もと水戸黄門)さまのSMワールドがすてきです。おほほほほと、まるで梅津和夫な擬音文字のように、美しく高らかに笑う当時丸山明宏さんの美しささすがです。失念したけど社長役の、社会派っぽい役者さんと、ぺらんぺらん紙石鹸のように、チーププリティな薄い演技のマサカズタムラ氏といい、いまやありえないゴージャスワールド。日本でファムファタールというとどしても男の人が演じる女性になってしまうのは、歌舞伎という文化の土壌があるせいでしょうか。物語が見たい人にはおすすめしません。美しさと、醸し出される陶酔の世界をのぞきたい方はどうぞ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ