タワーリング・インフェルノ

THE TOWERING INFERNO

165
タワーリング・インフェルノ
4.2

/ 1,109

46%
36%
15%
2%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(250件)


  • unha5989

    5.0

    子供の頃

    小学生の頃何度も何度も観ました。 我が家の一致した意見は、アステアにもう少し踊ってほしかったー。でした。 でも文句なしの大作。 傷だらけの栄光で主役を務めたポールニューマン、その映画で脇役だったマックイーン。 そのマックイーンがニューマンと肩を並べたクレジットには感無量ですね。 本来ならマックイーンの方が上でも良かった映画ですがポールニューマンを上にしたのはさすがハリウッド。 ちなみにポールニューマンの息子も消防士役で出演しています。

  • yam********

    2.0

    ネタバレ真の英雄たちは床の上に

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nag********

    5.0

    実はこの内容でも年間2位

    映画に興味を持ちだした少年時代の名作。 もうこれでもか、というほどの豪華俳優陣に、それに負けないゴージャスな仕掛け。これでもう年間№1間違いなしと思われましたが、その年の年間興行収入は2位。 これを上回ったのが、かの名作「ジョーズ」です。 相手が悪かったよね。 ただ、私が印象に残っているのは、その大作2本に続いて、3位に入ったのが、全然期待されていなかった「ベンジー」だったこと。 先日、久々に、NHKのBSでやっていたのを観ましたが、ほんとにいい映画でした。それだけに、それを上回った1位と、意外な3位も思い出したわけです。

  • kat********

    5.0

    大好きな映画

    自分がまだ少年だった時期に初めて観てからもう何度も観てますが、いつ見ても 楽しめます。 出演者も豪華だったことも後で分かって来たりしてそう言う楽しみが増えたりもしました。 古臭いと言われればそれまでですが「ポセイドン・アドベンチャー」(1972年)と並ぶパニックアクション映画の金字塔だと思います。

  • the********

    4.0

    ネタバレ主人公たちのその後

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 001

    4.0

    ネタバレ名作!でも矛盾がいっぱい(笑)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    2.0

    ネタバレ長い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    3.0

    ほらほら…そんな事より、とっとと逃げな!

    「バックドラフト」以上の火災映画ってあるのだろうか? 結局、この映画だって悪くないのだけど、緊張感とスピードが緩む無駄な演出がもったいない。個人的には「バックドラフト」の方が高評価だ。 ゲゲぇ…ここにも炎が!煙が! 大火災の危機迫る状況でロマンスやお涙頂戴の時間があるかぁ(笑) と言った塩梅で、「タワーリングインフェルノ」は時々緩む。 さりとて、この映画が作られたのは僕が生まれて数年後。僕が幼少の頃は空撮だって珍しく、初めて観た時は腰を抜かしそうなレベルの驚きだった。 そんな時代のファイヤースタントや映像体験は、新しい時代の潮流を感じさせる内容だったに違いない。 さて…とんでもないビル火災である。 実際に起きたら大惨事。 実際にあったら怖い手抜き工事が原因の火災。 実際に居合わせたら…どうする? 個人的には山火事映画「モンタナの目撃者」を観たので、この状況で身動き取れない場合は湯船に水を溜めて凌ぐ方法を選択すると思う。「モンタナの目撃者」では、アンジーが川の中に入ってサバイブしていたし。 問題は、助からないと覚悟した時だ。出来るだけ一瞬で気を失って、その間に逝きたいもの。正直、いろんな死に様ってあるけど、焼死はジグソウのなぶり殺しより恐ろしいと思う。 この映画のように、窓を割って飛び降りるのも手だろうが、今時の高層ビルの窓が人力で割れるのか問題がある。一気に一酸化炭素中毒のような事になるのはどうだろう?一気に肺が焼けるとか気を失えるだろうか? と言った、身も蓋もない事を考えながら観たわけで…映画の状況は絶望的だ。 そう考えると、没入感もあって映像は悪くない映画だと思う。 ところで、よ。 この映画のアメリカ人の大人しい事よ! すぐに、アイツが悪い!アイツをやっつけろ!そんな騒ぎでバラバラ行動しそうなもんだが、みんな協力的な統率感をみせている。 僕のイメージでは、責任者は暴徒化したパーティー客に殺されそうなもの。 しかし、責任者としても、生き残ったら賠償問題でしょ(笑)。 どエライ賠償問題を抱えてしまうなら、このままビルと共に燃え尽きた方がビルオーナーとしては良いんじゃないですかね?…なんて。 その点では、娘婿の小狡さが招いた自業自得も、賠償責任を一切負わずに死んでいく点で最も赦されない死に様であり、死んで無責任を貫き通す腐れ外道。

  • ton********

    5.0

    フェイ・ダナウェイのドレス

    パニック映画、高い建物、ファッションが子供のころから大好きな私にとって この映画はいつ見てもワクワクする作品なのです。 初めて見た子供の頃は展望エレベータや脱出リフトに乗りたい!と思いましたが、大人になってから見ると女性陣のパーティドレスが70年代なのにとてもモダンであることを発見したりします。特にフェイ・ダナウェイのセクシーなドレス、いいですね~。 ストーリーも秀逸で、恋人たちのほか、夫婦愛、親子愛、師弟愛、老いらくの恋はもちろん、勧善懲悪あり、不条理ありと盛りだくさんなのです。 私が泣ける場面はラムジー市長が夫人に「私が嘘を言ったことがあったかい?」と説得して展望エレベータに乗せるのですが、それが最初で最後の嘘になってしまうところ。 最後の火が迫ってきて瓦礫が降ってきてもうダメかと思われるところで救世主のように水しぶきが現れるシーン。これ以上のカタルシスを感じる映画は自分史上では今のところないです。 キャストは、とにかくスティーブ・マックイーンが一番いい役を貰っているので一番かっこいいです。役者冥利に尽きるだろうな、こういう役。

  • ame********

    5.0

    こんなビル火災でいつか1万人が死ぬだろう

    予言の映画か・・・ 建設費をケチって起こる大災害 手すりだけになった階段で 子供を背負って降りるポールニューマン 詐欺師のアステアもイイ味よな ああ先生・・・・ 様々な人間模様が交錯する中 ビルオーナーの責任感と その娘婿の醜い行いへの報いの対比 こういう倫理観はイイと思う スティーブマックィーン最後までネクタイしてるのな 長い映画だけど一瞬も目が離せない火災との格闘でした 堪能したけど疲れた〜

  • tos********

    4.0

    すごいすごい

    超高層ビルの落成式。手抜きの電気工事による、火の手はすでに上がっていた。設計者ロバーツは式の中止避難を要請するが、却下される。ロバーツと消防士長オハラハンと協力し、残された人々の救出を試みる。  「ポセイドン・アドベンチャー」と並ぶ名作パニック映画。今見てもすごいスケールの迫力でした。画質が良くなった分、模型のところがわかってしまうかもしれませんが、当時だったらもっと驚いてたかも。後の作品に影響を与えたようなシーンも、たくさんあるように思いました。

  • シネマバカ一代。

    3.0

    鎮火。

    結構、高層から人がダイブしたんだけど、落ち方の速度が不自然やったかなー、当時の撮影技術だから仕方ないんだけど、年齢層により評価が分かれると思う。

  • wdk********

    4.0

    勇敢な男たちと情けない男

    大火災に見舞われた超高層ビルを舞台とした、様々な人間模様を描いた名作です。  消防隊長役のマックイーン、設計技師役のポール・ニューマン、オーナー役のウイリアム・ホールデン。皆勇敢な男たちの役を演じた中で、1人だけ情けない男だったのが、電気工事の手抜きで大惨事の原因を造ったオーナーの娘婿。  救助カゴに、くじ引きの順位を無視して我先に乗り込もうとしてオーナーにどつかれ、なおも懲りずに強引に乗り込み、「アアーッ」という悲鳴を上げながらカゴごと真っ逆さまに転落するシーンは、不謹慎ですが笑ってしまいました。  ラストで、オーナーの「誰も死者を蘇らせることは出来ないのだから、もう神に祈るしか無い、過ちが二度と繰り返されないように」の台詞には、涙が出ました。

  • rokix

    2.0

    評価高いけど

    面白くなかった 退屈でダラダラと長く感じた とても古臭い映画で時間の無駄だった

  • ozj********

    5.0

    パニック映画の名作️

    いつ見ても凄い、怖い! この大惨事の張本人、娘婿の男をなぜ誰も責めなかったのか、その婿は罪悪感がまるで無く、自分だけたすかろうとして、死ぬ。あっけない。高いビルを建てればいいってもんじゃない。高すぎだろ!キャストは豪華だったがフェイダナウェイはほとんど見せ場がなかった。もったいない。白いドレスの人を死なせた意味は?残された人が可哀想だった。とにかく高さがすごくてヒヤヒヤしました。昔はスプリンクラーとか、だんねつざいとかなかったんだな。ほんとにこわかった。

  • pip********

    4.0

    この映画が高層ビル黎明期にあって良かった

    大半のレビューアーの方と同じく、淀川長治さんの解説で何度も見て、先日久しぶりにBSで見ました。淀川さんの解説聞きたいなあ。 今見ると、火災の原因に深い意味を持たせていて、これが世界的大ヒットで良かったなあとつくづく思いました。安全設備へのコストカット圧力に「タワーリング・インフェルノのようになってもいいって言うんですか!」と言った技術者は、きっと世界中に100人以上いたと思う。そのおかげで安全が守られたビルもあるんじゃないかと思ってしまう。 たくさん映画観て多少目が肥えた後でも、映像の古さはともかく、ストーリー展開・脚本・スター達の演技が素晴らしい。ポール・ニューマン素敵♪。主演映画多数のフレッド・アステアは、後世のテレビ画面に登場する機会はダンス映画より、この温かい詐欺師役だった。

  • beautiful_japan_

    3.0

    パニック映画の古典的傑作

    サンフランシスコにそびえ立つ「グラスタワー」(地上550メートル・138階)の最上階(138階)にあるプロムナードホールで落成記念パーティーをしている時、81階の倉庫から出火する。世界最大の超高層ビルは地獄となる。 消防隊の隊長マイケル・オハラハン役のスティーブ・マックイーンと、ビルの設計をしたダグ・ロバーツ役のポール・ニューマンの大物二人がW主演。ワーナー・ブラザースと20世紀フォックスの共同製作・提供と、気合いが入っている。 出火原因はリベート目的の設計変更で、出火後の対応もお粗末。火災報知器は鳴らず、防火扉はなく、停電への対応システムもない。避難訓練もせず、火災時にエレベーターを使って避難しているのも信じられない。 欲まみれや自信過剰な人間は、高層ビル火災よりも恐ろしい。無責任な愚か者たちが起こした高層ビル火災に出動させられる消防士たちが可哀想だ。 1970年代には“パニック映画の最高傑作”と評されたが、今見るとそれほどでもない。 晩年のフレッド・アステアが見られる。表情や身のこなしは、相変わらずカッコいい。O・J・シンプソンが保安係主任ハリー・ジャーニガン役で出演している。 高層階から落下していく人のシーンが何回か出て来るが、9.11同時多発テロのWTCでもあったことで、見るのが辛かったです。

  • kot********

    5.0

    掛け値なしにおもしろい!

    初めて見ました。BSでやっていたので、88歳の母と観たのですが、面白かった!!2時間45分、間断とするところなく、あっという間でした。いつもは「お尻が痛い」と座っていられない母が、釘付けで観ていました。ストーリーはもちろんですが、ポール・ニューマンとスティーヴ・マックィーンがカッコ良すぎです。痺れました。こんなにカッコ良かったなんて…知らなかった…遅まきながら昔の映画を慌ててレンタルしました。

  • say********

    4.0

    素晴らしい!

    NHK-BSでやってたので久しぶりに見た。と言っても、以前見たときは小学生。ゴジラとかキングコングと同じノリを期待して映画館へ。「ん〜…イマイチ」くらいに感じて帰った記憶がある。 ジジイになって改めて見ると、実にちゃんと作られた良い映画。現代の映画会社には見習って欲しいとさえ思うくらい。 よくぞこれだけ豪華なキャスト集めたと感心する。ただ集めただけじゃなくて、ちゃんと作られている。特にニューマンは見事だった。個人的に主演はコッチじゃね?と思った。あと、フレッド・アステアがさすがの存在感。と思ったら、アカデミー助演男優賞ノミネートされてた。悪役の娘婿の憎ったらしさも良い。女優陣ではジェニファー・ジョーンズがピカイチ。 何人かの犠牲者が死ぬ場面、もうちょっと上手く撮れていれば…まあ、当時は今よりショッキング映像に厳しかったから、しょうがない。エロには寛大だったんだけどな。

  • kei********

    1.0

    ちょっと高評価すぎると懸念して

    そんなに高評価じゃないと思います。 悪い映画ではないのですが。 もっと高評価作品はあるので。 相対性を考慮して評価します。

1 ページ/13 ページ中