ここから本文です

タワーリング・インフェルノ (1974)

THE TOWERING INFERNO

監督
ジョン・ギラーミン
アーウィン・アレン
  • みたいムービー 262
  • みたログ 3,056

4.27 / 評価:1017件

映画史に残る超大作!

  • tan******** さん
  • 2021年6月9日 2時37分
  • 閲覧数 243
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

初めて見た時は、学生でした。改装前の丸の内ピカデリーで・・・画面の大きさと音の迫力に驚かされ、夢中で見入ってたことを今でも覚えています。その後は、DVDコレクションとして、家で何度も見返しています。映像技術にまだCGが使われていないアナログ時代の作品で、20世紀FOXとワーナーBRS、二つの会社が共同制作、しかも超豪華な俳優陣がずらりと出演。巨大なセットと実際に火を使っての危険な撮影等、当時の技術をふんだんに使っての撮影で、今、改めて見てもアナログでよくここまでやったものだ!と感心しました。スティーブマックイーン、ポールニューマン、フェイダナウェイ、当時のプロフットボールのスーパースターだったOJシンプソン等々、皆さん、素敵でかっこいいんです。2時間45分という上映時間ですが、まったく飽きさせないストーリー展開です。救助活動と高層ビル火災に勇敢に立ち向かう消防士達を描きつつ、様々な思惑をもった人間模様のドラマが随所に込められて、見ごたえはあります。ラスト30分、外壁展望エレベーターのヘリでの吊り下げ救助にはじまり、最上層の給水タンクを爆破し、一気に大量の水を流す消化作戦を行う際、すぐ下の階層でロープで柱に身をくるみ、爆破が始まる瞬間まで不安そうに待つ緊張感は、何度見てもぞくぞくします。この映画のラスト、マックイーン最後のセリフ・・・「じゃあな!設計屋・・・」が私の胸に焼き付いています。
現代のCG技術を使ってリメイクしたとしたら、きっともっとすごい映像なのでしょうけど、1974年製のタワーリング・インフェルノ、これはこれで素晴らしい作品と思います。今ならI-MAX、ドルビーシネマでみれる環境なのに私の通える範囲のシアターで再上映してくれたら、絶対に見に行きたい一本です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ