ここから本文です

タワーリング・インフェルノ (1974)

THE TOWERING INFERNO

監督
ジョン・ギラーミン
アーウィン・アレン
  • みたいムービー 267
  • みたログ 3,137

4.25 / 評価:1082件

パニック映画の古典的傑作

  • beautiful_japan_xp さん
  • 2021年9月23日 22時10分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

サンフランシスコにそびえ立つ「グラスタワー」(地上550メートル・138階)の最上階(138階)にあるプロムナードホールで落成記念パーティーをしている時、81階の倉庫から出火する。世界最大の超高層ビルは地獄となる。
消防隊の隊長マイケル・オハラハン役のスティーブ・マックイーンと、ビルの設計をしたダグ・ロバーツ役のポール・ニューマンの大物二人がW主演。ワーナー・ブラザースと20世紀フォックスの共同製作・提供と、気合いが入っている。

出火原因はリベート目的の設計変更で、出火後の対応もお粗末。火災報知器は鳴らず、防火扉はなく、停電への対応システムもない。避難訓練もせず、火災時にエレベーターを使って避難しているのも信じられない。
欲まみれや自信過剰な人間は、高層ビル火災よりも恐ろしい。無責任な愚か者たちが起こした高層ビル火災に出動させられる消防士たちが可哀想だ。

1970年代には“パニック映画の最高傑作”と評されたが、今見るとそれほどでもない。
晩年のフレッド・アステアが見られる。表情や身のこなしは、相変わらずカッコいい。O・J・シンプソンが保安係主任ハリー・ジャーニガン役で出演している。

高層階から落下していく人のシーンが何回か出て来るが、9.11同時多発テロのWTCでもあったことで、見るのが辛かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ