レビュー一覧に戻る
風林火山

bar********

3.0

う~ん

風林火山。風林火山といえば、大河ドラマでもやっていましたね。筋書きはかなり違うのですが、諏訪攻めのくだり、由布姫のくだりはまったく一緒です。 この映画はやや舞台設定が分かりにくいです。戦国好きなら板垣、甘利、飯富、信繁などは知っていますが、何も知らないと一体誰が誰なのかさっぱりわからないと思います。セリフでは「虎昌に~」や「板垣殿~」などとさりげなく言われますが、一体何のこと? とハテナマークが浮かぶこと間違いありません。 また諏訪の重要性(諏訪大明神)や、甲相駿三国同盟のこと(縁戚関係になったので攻められない)、信濃・上野の情勢など知識がないとさっぱりわけがわかりません。 日本地図を敷いて、ほんの数秒でいいので解説するなど、戦国好き以外の方にもハードルを下げる工夫が欲しかったところです。 またこれは井上靖氏の原作の問題点でもあるでしょうが、冷徹な軍略家、山本勘助が諏訪御料人と相思の仲になっていく過程が突拍子もない話に思えます。必然性が全然ないんですね。可能性として、お互い一目惚れだったということが挙げられますが、だからといって勘助は不自然なくらい諏訪御料人の近くにおり、勝頼の命名のくだりも重要な位置にいて少しも不思議がられません。これだけ不思議な仲になっていては、讒言をする者がいたり、ご不興を買って当然なはずでは? せめて諏訪の民の理解を得るため~とか、晴信が忙しくて、勘助に世話を言いつけるとか、そういった裏付けが欲しいところ。それでも諏訪御料人が勘助をあれほど特別視する意味が分かりません。 また他のレビュアー様もおっしゃっていますが、三船さんの演技に迫力がありすぎて、完全に御館様が向こうになっています(笑)。『武田信玄』として、信虎追放のところから三船さんにやって欲しかったくらい。 あとは演出や脚本の話になりますが、これは良いところもあったのですが、間延びしているというか、キレがないところはいくつかあったと思います。全体として見ると、まあ凡作かなと思います……。勘助が武田家中の中心になるという過程も、裏でどんな暗躍をしているんだ……(恐)、というくらいスピーディで、さすがにご都合主義が過ぎると思います。

閲覧数1,121