ここから本文です

超高層のあけぼの (1969)

監督
関川秀雄
  • みたいムービー 2
  • みたログ 13

4.29 / 評価:7件

超高層のあけぼの

  • lgc***** さん
  • 2009年6月1日 18時47分
  • 閲覧数 500
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

といってもあの格闘家に転身した元横綱の話ではありません。
地震大国日本で初の超高層建築物、霞ヶ関ビル完成までを描いた感動ドラマです。
カ○マの関連会社に勤める叔父が持ってたのを借りてきました。

1969年当時に3億円近い巨費を投じたという2時間超の大作です。
出演陣も超豪華。
今は亡き池辺良、伴淳三郎、丹波哲郎といった有名どころから二十代の田村正和、小林稔侍まで出てるのにはびっくり。
はじめは面白半分だったんですがだんだんハマって見ていました。
古い映画ですが説得力があるしわかりやすくておもしろいです。
クレジットをみて納得。
原作は黒澤作品の脚本などで有名な菊島隆三さん。
音楽はあのゴジラのテーマを作った伊福部さんです。

私の祖父が家族のため、国のために一生懸命頑張っていた時代。
日本の高度成長というのは単にオリンピックとか好景気だったからというだけじゃなく
当時の日本を支えていた人たちひとりひとりの仕事に対する情熱とか気概といったもの抜きには実現しなかったんだなとつくづく思いました。
霞ヶ関ビルとは何の関係もないただの大工さんだったおじいちゃんにもありがとう。

ちょっと調べてみたらこれ最近再販されてるみたいですね。
プロジェクトX的サクセスストーリーが好きな方にはオススメだと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ