ダンケルク

WEEK-END A ZUYDCOOTE

123
ダンケルク
3.2

/ 35

14%
20%
40%
20%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)

絶望的12.1%切ない12.1%悲しい9.1%勇敢9.1%恐怖9.1%

  • izq********

    2.0

    ネタバレ戦時中あるあるのお話し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 柚子

    4.0

    これが戦争

    戦争を、かっこよく描く映画は、嫌い 戦争に、誰が正義でヒーローかなんて、関係無いし、意味がない こうしてただ死んでいくだけ 一兵士の、日常…というのも変だが ダンケルクへ行けば、船に乗れる 助かるかもしれない だが、なかなかうまくいかない 美しい女性を見たら、ときめくし、自分のものにしたいという欲求 理性との、戦い 普通の男が、淡々と、飄々と そして、生きる意味を見つけた時には…

  • ilo********

    2.0

    映画館のスクリーンで是非

    映画館に行こうと思ったらレンタルが先に出てたのでつい借りて失敗でした。リアルに戦場感に浸れる大スクリーンで見たら違う印象になったように思います。ただ、歴史映像と映画として撮影した映像が入れ替わり映写されるのにすごく違和感があったのと、特に決まった主人公がいない、登場人物のキャラクターが希薄、フランス軍を馬鹿にしてる(実際フランス人から史実と違うと抗議が出たらしい) 、などの理由で星は二つにせざるを得ません。。。

  • syu********

    4.0

    史上最大の撤退作戦ダンケルクの風景

    一風変わった戦争映画である。ダンケルクの撤退戦を描いた映画かと思いきや、そうではなくてダンケルクで撤退の船を待つ英仏の兵士たちの軍隊風景を描いた映画と言える。 仏軍の兵士たちにとって仏蘭西本土を離れるということは祖国を追われるということです。同じ作戦の上に立っていても英仏の兵士たちの心の在り方は全く違った。 1944年6月のノルマンディ上陸後の巴里解放まで仏蘭西が祖国を取り戻すまでには長い時間と沢山の犠牲がありました。『ダンケルク』は人間模様を通してその序章を凝縮したような作品です。楽しくも哀しい作品。 史上最大の撤退作戦ダンケルク撤退はドイツ軍によるフランス、ベルギー電撃侵攻に伴い、退路を断たれた35万名の仏英軍がイギリス本土に撤退するため、1940年5月 26日から6月4日にフランスのダンケルク海岸から船で脱出した作戦で、別名「ダイナモ作戦」とも言う。ドイツ軍航空機によるダンケルク爆撃を受け、 200隻に及ぶ艦船損失を負いながらも、殿のフランス軍後衛部隊を除いて大部分がイギリス本土への撤退に成功している。だが、イギリス軍が持ち込んだ重火器等の兵器を全て失い、イギリス軍は深刻な兵器不足に見舞われた。しかし訓練された兵士は一朝一夕につくれるものではないため、この撤退は人的資源の保全という意味では非常に大きな成功を収めた。フランス軍はダンケルク撤退以後は雪崩を打ったように崩壊が進んだ。 ∽1958. 「 激戦ダンケルク」

  • じぇろにも

    4.0

    ネタバレ線路を歩く兵士のOP

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ダンケルク

原題
WEEK-END A ZUYDCOOTE

上映時間

製作国
フランス/イタリア

製作年度

公開日
-

ジャンル